ついに荒野行動が120fpsに対応

スポンサーリンク
メモ

10月28日に行われたアップデートでひっそりとフレームレート設定に120FPSの項目が追加されました。

120fps対応端末

120fpsに対応している端末は以下のような端末があります。Android端末は数が多いので一部のみ掲載していますがこれ以外にも多くの端末が対応しています。

Android

  • Xperia 1 III
  • Galaxy S21
  • AQUOS R6
  • pixel 6 pro
  • Xiaomi Pad 5など

iOS

  • iPhone 13 Pro
  • iphone 13 pro Max
  • iPad Pro11inch(第1~第3世代)
  • iPad Pro12.9inch(第2世代~第5世代)
  • ipad Pro 10.5

120FPSに対応している端末であれば荒野行動プレイ時に120FPSでるのか

Androidだと簡単にフレームレートを表示することができますのでAndroid端末にてフレームレートを計測しました。使用端末はGalaxy s21 plusで2020年後半に出たsnapdragon888を搭載しています。2021年に発売されたハイエンド端末です。

設定は以下の通りに設定して行いました。また端末独自のゲームモードにてフレームレートを優先するように設定して計測しました。

  • 画質は「快適」
  • ドローディスタンスは「最高」
  • フレーム数設定は「超高(120フレーム)」
  • マップは荒野ランド
  • シングルモード

結果は走っている時で70FPS前後、止まっている時で90FPS前後でした。またマップの読み込んでいない場所等に行ったりすると60FPSを割り込むこともしばしばありました。使用中の端末ですがかなり熱くなります。ゲームツールの機能では43℃と表示されていました。

また同じく120fpsに対応しているgalaxy tab s7にて計測しようとしましたが120fpsに設定しても60fpsまでしか出ませんでした。理由は不明です。

iPad Pro11(第3世代)でも120fpsに設定してプレイしてみました。

  • 画質は「HD」
  • ドローディスタンスは「最高」
  • フレーム数設定は「超高(120フレーム)」
  • マップは荒野ランド
  • シングルモード

画質を上げています。端末はほんのり温かくなる程度でした。120fpsが完全にでているかどうかはわかりませんが60に落とすとはっきりと違いが確認できました。数字としては確認はできていません。

120fpsに設定してプレイする際、iPadなどでは端末の設定でフレームレートが60に制限されている場合があります。デフォルトではオフになっていますがこれがオンになっていないかどうか注意してください。

スポンサーリンク

フレームレートを上げるメリットデメリット

敵を素早く見つけやすくなる

一般的に敵を素早く見つけることができると言われています。ただこれは本人の反応速度もあるため全ての人がかならず向上するといったわけではありません。

指切りをしやすくなる

体感ですがM4A1はフレームレートが上がれば上がるほど弾詰まりと言った現象が減ります。

熱が発生する

フレームレートを上げるとより多くの熱が発生します。モバイル端末ではかなり影響があります。スマートフォンでは筐体が小さいこともあり高熱になることもしばしばです。高熱になるとCPUの性能が落ちたり、バッテリーに悪影響があります。

スポンサーリンク

まとめ

発熱などを考慮すると現状、満足に高FPSを体感できるデバイスはiPad Pro一択です。120FPSに設定して荒野行動を遊びたいならiPad Proを購入することをおすすめします。

2021 Apple 11インチiPad Pro (Wi-Fi, 128GB) - シルバー
Apple(アップル)
¥94,800(2021/06/20 16:58時点)
新しい次元のパフォーマンスを届けるAppleM1チップ
2021 Apple 11インチiPad Pro (Wi-Fi, 128GB) - スペースグレイ
Apple(アップル)
¥94,800(2021/11/09 18:13時点)
新しい次元のパフォーマンスを届けるApple M1チップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました