【荒野行動】 闇戦Plus(夜モード)まとめ

スポンサーリンク

今回はレジャーの闇戦Plusについて解説していきたいと思います。このレジャーはクインテットオンリーです。闇戦Plusでは実際の一日のように昼と夜の時間帯があり左上に表示される時間によって変化します。7時~17時が昼、17時~7時が夜となっていますが実際には夜でも暗さに時間によって2段階あり夜の中でも23時~3時のときもっとも暗くなります。さらに7時~7時半と17時~17時半の30分間はゆっくりと明るさが変化します。

時間 明るさ
7:00~7:30 夜から昼の明るさへ変化
7:30~17:00 昼の明るさ
17:00~17:30 昼から夜の明るさへ変化
17:30~23:00 夜の明るさ
23:00~3:00 真夜中の明るさ
3:00~7:00 夜の明るさ

開始時間ですが始める時間は決まってなく夜からスタートすることもあれば昼からスタートすることもあります。基本的に一試合で一日を過ごす感じなので入った時間によって終了する時刻がだいたい予想できます。

専用アイテム

【赤外線望遠鏡】

このアイテムはレンガなどの近接武器枠を使用します。17時~7時までの間、夜見にくい敵を赤外線望遠鏡を通してみることで敵が見やすくなります。スコープと同じような感覚で4倍~15倍で見ることができます。正直これ使うぐらいなら普通に微光暗視装置使う

【微光暗視装置】

このアイテムは銃のスコープ枠を使用します。赤外線望遠鏡と同じように微光暗視装置を通して見ることで敵が見やすくなります。倍率は固定で表記がないのでわかりませんが4倍程度です。昼の間は普通のスコープのように使用することが可能です。

【ヘルメットー照明】

このアイテムは頭のヘルメット枠を使用します。ライトをオン(デフォルトでオンになってる)にすることで自分の周りをライトで照らすことができ視界を確保することができます。この照明は自分にしか効果がなく観戦からはライトを確認することができません。また敵からもほとんど見えないためわざわざオフにする必要はないでしょう。この照明付きヘルメットはレベル2のみ存在します。

【ステルス衣服】

このアイテムは補給物資からのみ入手することができます。ステルス衣服を着用することで夜の間、赤外線望遠鏡や微光暗視装置で光らなくなり見つかりにくくなります。ただステルス衣服を着用すると照明付きヘルメットが使用できなくなります。なので照明付きヘルメットを使用したい場合はステルス衣服は脱ぎましょう。

立ち回り

このレジャーではなぜかヘリルートの最初の方にほとんどの人が降りてしまうためヘリルートの最後の方に降りることで安全に物資を集めることが可能です。激戦区で戦いたい方は別ですが夜アイテムは最初の方に夜が来る場合は集める必要はほとんどないでしょう。ただ終盤に夜が来る場合は夜アイテムを入手しておかないと戦いがきつくなります。最低でも微光暗視装置と照明付きヘルメットは入手しておきたいです。それ以外は普通の戦闘との立ち回りの差は特にありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする