新型iPad pro(2020)は購入するべきなのか?

iPad
スポンサーリンク

2020年モデルのiPad proが発表されました。3月25日に発売される予定です。そこで荒野行動に関する変わったところだけまとめました。

変更点や見るべきポイント

 

チップセットがA12X BionicからA12Z Bionicに変更

チップセットと言われる人間では脳に当たる部分が向上しています。A12X BionicからA12Z Bionicに変更されています。グラフィック性能が向上したとされています。ただ7コアから8コアに変更されただけなので荒野行動をプレイする上では性能の向上を実感することは難しいでしょう。

1TB以外のモデルでもRAMの性能がアップ

2018年のiPad proモデルではRAMの容量が1TBモデルは6GBで、それ以外のモデルでは4GBでした。今回発売されたiPad proは全てのモデルで6GBとなっています。これは11インチと12.9インチ共通になっています。

64GB128GB256GB512GB1TB
2018年モデル4GBなし4GB4GB6GB
2020年モデルなし6GB6GB6GB6GB

ソース

録画しないとフレームレートが低下する問題は?

2018年モデルのiPad proと同じくLiquid Retinaディスプレイを2020年モデルも採用しています。ディスプレイはどうやら変わっていないようです。iPad pro自体のフレームレートも変化していないのでフレームレートが低下する問題は直ってないとみて良いでしょう。

ROMの最低容量が128GBにアップ

ROMの最低容量が128GBにアップしています。上の項目で説明したとおり録画していないとiPad proは荒野行動をやる上ではフレームレートが低下してしまいます。

タッチバグは?

2018年モデルのiPad proと同じくLiquid Retinaディスプレイを2020年モデルも採用しています。ディスプレイはどうやら変わっていないようです。なのでタッチバグが発生するとき発生するでしょう。

Wi-Fi6対応

遅延が少なくなり、速度が高速になるWi-Fi6に対応しています。ただWi-Fi6を使用するには対応ルーターを購入する必要があります。また遅延の低下は複数の機器がWi-Fi6であることが条件なので対応していない端末のみ所持の場合は低下の恩恵は受けられません。ただ今後Wi-Fi6に対応した端末は増えてくるのでiPad proを購入しても損をすると言ったことはないでしょう。

価格の低下

上記の通り性能は上昇しています。さらに価格が11インチの1番安いモデルでも5000円以上低下しています。どのモデルでも5000円~1万円前後値下がりしているようです。

まとめ

現在2018年モデルを所持している方は焦って買い換える必要はないでしょう。買い換えたとしてもあまり恩恵を受けられません。ただタッチバグなど発生している方は新しく購入するという選択肢も考えて見ても良いかもしれません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました