富士急ハイランドレポート

調査
スポンサーリンク

10月14日から荒野行動は富士急ハイランドの絶凶・戦慄迷宮~収容病棟~のコラボしています。そこで今回富士急ハイランドに実際に行きコラボを体験してきました。

早速入場口に向かうと荒野行動の文字がありました。富士山の形をした荒野行動のアイコンはかなりインパクトがありました。

「園内に散らばった荒野の星を探し出そう!」のイベントを体験しました。

このイベントは富士急ハイランド内のポスターや看板で荒野行動のマークがあるものを3つ見つけ出すと言うイベントです。詳しくは公式コラボページを参照してください。

園内には複数の看板やポスターがあり、これを一つずつ見て星がついているかどうか探します。富士急ハイランド内はかなり広く探すのはとても大変でした。看板は裏表絵柄が2種類あり、片方に星がついていて片方に星がついていない場合があるので注意してください。

このように左上にあるポスターを撮影します。このような星がついてコラボポスターを3枚撮影したら戦慄迷宮の近くにある景品交換所に持っていきます。

ここで撮ったポスターの写真をTwitterに投稿した画面と荒野行動のログイン画面を景品交換所の中の人に見せるとゲーム内アイテムとグッズが貰える抽選に参加することができます。

1等、2等、3等があり当てた等の中のグッズ一つ貰うことができます。私が抽選に参加したところ運良く1等を当てることができました。その中からマグカップを貰いました。

#17のアイコンが可愛いマグカップです。専属アイテムも期間限定での入手なのでかなり貴重です。

絶凶・戦慄迷宮~収容病棟篇~にも行ってきました。

ホラー系のアトラクションはあまり得意ではないのですが、せっかく富士急ハイランドにきたのだからいかなくてはと思い、荒野行動のコラボレジャーにもなっている、絶凶・戦慄迷宮に行ってきました。絶凶・戦慄迷宮は景品交換所の近くにあります。

アトラクションの外観から恐怖を感じます。特に看板の横にある人の顔は不気味です。

 

しっかり荒野行動とのコラボポスターもありました。これは星がないので写真を集めるイベントは対象外です。

この入り口から入ります。

入り口から入るとグループごとに控え室があります。絶凶・戦慄迷宮内は撮影禁止なので写真はここまでです。絶凶・戦慄迷宮ですが全長900mと非常に長いです。他の参加者の悲鳴が時々聞こえてくるのですがそれが一層恐怖を煽ります。行く途中にリタイア扉があるのですがその誘惑に惑わされずなんとか勇気を振り絞って最後までゴールしました。

暗くなると戦慄迷宮がライトアップされます。ライトアップされるとさらに恐怖が増しますね。戦慄迷宮はあらかじめ予約することをおすすめします。私が富士急ハイランドに行ったのは平日ですがかなり早い段階で受付を終了していました。フリーパスを購入した方なら公式サイトから絶凶・戦慄迷宮を予約できるので予約して富士急ハイランドにいきましょう。

 

夜のライトアップは戦慄迷宮だけでなく噴水やツリーなどもライトアップされていてとても綺麗でした。

まとめ

久々に富士急ハイランドに行ってきて楽しかったです。まるで荒野行動の世界が私の実生活と重なっているような気がしました。荒野行動プレイヤーのみなさんもこの機会に富士急ハイランドに遊びに行ってはいかがでしょうか。

提供:荒野行動

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました