AK-47の特徴と性能

スポンサーリンク

今回は有名な武器のAK-47について調査していきたいと思います。AK-47ですが7.62ミリ弾を使用する武器の中では唯一普通のARと同じような使用感の武器です。ですが7.62ミリ弾を使用する武器の特徴の反動が強めです。そんなAK-47について調べていきます。

【AK-47の基本性能】

種類 小銃
威力 48
連射速度 10
射程 550
球数 30
反動 12
玉の種類 7.62
付けられるアタッチメント なし
AK-47のリロードタイム

AK-47のリロードタイムは2種類にわかれます。

迅速マガジン,迅速拡張マガジンを付けているとき→1.6秒

拡張マガジンor何も無しのとき→2.0秒

5.56ミリ弾を使う小銃と比較すると少し遅めです。

体に与えるダメージ
ヘルメット無し ヘルメットLV1 ヘルメットLV2 ヘルメットLV3
111.6 78.12 66.96 50.22
防弾着無し 防弾着LV1 防弾着LV2 防弾着LV3
48 33.6 28.8 21.6
18.72

*頭と足のダメージはこちらの記事で検証した倍率をもとに計算してあります。

このAK-47の48という威力はヘルメット無しの敵を一撃で倒すことができます。これは5.56ミリ弾を使用する銃に勝っている部分です。

車を破壊するのに必要な弾数
バス ジープ ワゴン車
ピックアップトラック
44 30 29 28
セダン ホバークラフト バギー
28 28 25 25
3輪バイク 2輪バイク 水上バイク スノーモービル
21 21 21 21

※車の耐久値はこの記事で算出しています。

アタッチメントを付けたときの反動

各アタッチメントをつけて銃を連射したとき以下のような反動になります。

小銃補正器 10.2
小銃消炎器 10.8

上からアタッチメントなし、小銃補正器、小銃消炎器、一番最後におまけでドットサイトのGIFもあります。

アタッチメント無し

小銃補正器

小銃消炎器

アタッチメント無しドットサイト

かなり弾がばらけることがGIFを見ていただくとわかります。超近距離ならドットサイトを除く必要はありませんが少しでも離れていた場合はドットサイトなどを除いて撃つことをおすすめします。ドットサイトを除くことで弾の左右のばらつきが抑えられ弾の間隔も狭くなるので敵に当てやすくなります。

まとめ

AK-47の性能を一通り見ていきました。この武器を使いこなすにはドットサイトを使いこなす必要があると感じました。この武器を5.56ミリ弾の小銃と同じ間隔で弾を持っていると大変です。5.56ミリ弾を300持てるとき7.76ミリ弾は200しか持てません。必然的に弾数が少なくなるので弾の管理をしっかり行う必要があります。癖が強い武器ですが使いこなせれば強い味方になることは間違い無しでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする