89式の特徴と性能

スポンサーリンク

89式は東京マップ追加と同時に追加された5.56ミリ弾を使用する銃です。威力と反動が高めとなっています。81式などと同じように3連モードを使用することができます。さらに伏せて撃つときにバイポットを展開します。日本以外での名前はAR-18となっています。

【89式の基本性能】

種類 小銃
威力 43
連射速度 11.5
射程 500
球数 30
反動 10.5
玉の種類 5.56
付けられるアタッチメント なし
89式のリロードタイム

89式のリロードタイムは2種類にわかれます。

迅速マガジン,迅速拡張マガジンを付けているとき→2.1秒

拡張マガジンor何も無しのとき→2.5秒

体に与えるダメージ
ヘルメット無し ヘルメットLV1 ヘルメットLV2 ヘルメットLV3 ヘルメットLV4
97.65 68.355 58.59 43.9425 24.99375
防弾着無し 防弾着LV1 防弾着LV2 防弾着LV3 防弾着LV4
42 29.4 25.2 18.9 10.75
16.38

*頭と足のダメージはこちらの記事で検証した倍率をもとに計算してあります。

車を破壊するのに必要な弾数
バス ジープ ワゴン車

ピックアップトラック

50 34 33 31
セダン ホバークラフト バギー
31 31 29 29
3輪バイク 2輪バイク 水上バイク スノーモービル
24 24 24 24
アタッチメントを付けたときの反動

各アタッチメントをつけて銃を連射したとき以下のような反動になります。

小銃補正器 8.9
小銃消炎器 9.4

上からアタッチメントなし、小銃補正器、小銃消炎器、一番最後におまけでドットサイトのGIFもあります。

アタッチメント無し

こちらから

小銃補正器

こちらから

小銃消炎器

こちらから

アタッチメント無しドットサイト

こちらから

反動が強めですが威力が高く面白い武器になりそうです。アタッチメント無しなところも良いポイントです。3連とバイポットは正直いって要らないと思います。あまり恩恵を感じません。

89式がAR-18と表記されている理由

89式は自衛隊等で使われている武器です。この武器はAR-18という武器を用いて研究されて作られました。このためか中国やロシアなどでは89式はAR-18の亜種として認識されているようです。ただ89式と表記しないのは政治的な部分の面もありそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする