300大乱闘の解説

スポンサーリンク

300大乱闘とは

1試合300人のクインテット形式で行われるレジャーです。マップは嵐の半島です。通常のクインテット戦との違いはプレイヤーの人数と物資の違いとヘリの航路が違いのみです。

ヘリの航路

ヘリの航路は50vs50の時と同じように二つにわかれています。どちらのヘリに乗るかは運ですが、クインテットを組んでいるプレイヤーでわかれることはありません。

物資

このレジャーでは物資の湧き方が違います。衣装などの物資が湧かなくなっています。さらに銃の弾が二倍落ちています。例をあげると95式の弾である5.56弾は通常30発ずつ落ちていますが、このレジャーでは60発ずつ落ちています。通常補給物資からのみ入手できるAUGやMK60なども落ちています。

まとめ

このレジャーで気をつけることは特にありません。通常の試合と同じような感じで良いと思います。ただヘリが別れているとはいえ単純計算で150人乗っているので激戦区は避けた方が良いかもしれません。田舎に降りても十分弾を確保できるので田舎に降りるのも良いでしょう。個人的にこのレジャーは通常の試合に物資を増やしたらどうなるかのテストな気がします。